峯月流の歩み
 

峯月流の歩み

       「わけ登る麓の道は多けれど同じ高嶺の月をみるかな」 

修行の道は異なっていても、同じひとつの目的にむかって弛まず歩もうという一休禅師の歌の意味に由来を持つ峯月流。昭和初期(1920年代)華道、茶道、盆石も教えていた初代家元稲本雅風は「日本華道研究所」を主宰し、子弟の指導にあたると共に、広く全国の華道家との交流を深めておられました。その後「峯月流」を創流し、
昭和21211日に流名披露の花展を当時の挙母公会堂で盛大に開催致しました。終戦後まもなくの荒廃した世の中で、ご来場の皆様には、平和で豊かな生活への期待を感じて頂けました。初代家元の見識と、いけばなへの情熱は多くの人々の心を打ち、教えを乞う人の輪は年々大きくなり、毎年二回の春秋に花展を開催、各学校や職場にも指導に訪れました。また当時の華道協会や文化協会を設立し、諸流との交流にも力を注ぎその活動は地元の文化活動にも貢献することができました。

 昭和41(1966)2月、稲本雅風の娘・稲本月仙が二代目家元を継承し、47年には峯月流峯月会、峯月流教授会を発足します。初代の定めた峯月流基本型の確立と、現代に合わせた花型を色々と考案・発表し、峯月流を更に発展させました。年一回の花展と共に、56年に「創流35周年記念花展」、61年には「家元継承20周年記念花展」を豊田市民文化会館で開催し、それぞれの節目に発展の成果を多くの皆様にみていただいてきました。外交にも力を注いだ二代目家元は、日本いけばな芸術協会・評議員のちに参与や、中日いけばな協会・常任理事、オール愛知華道連盟・理事長、豊田市華道連盟・相談役などを歴任されました。
平成2611月日本いけばな芸術協会選考により常陸宮邸にて
華子妃殿下より直々にいけばな褒賞杯を拝領致しました。

 平成17(2005)年三代目家元を稲本峯月が継承。幼少の頃より母である二代目家元に師事し、短期大学卒業と同時に峯月流副家元に就任。その後は、峯月流峯月会理事長、創流50周年記念行事の実行委員長や、二代目家元が「豊田市文化功労賞」を受賞した折りの個展・祝賀会開催の発起人などを歴任。松坂屋豊田店での婦人服スプリングファッションショーステージ花担当。中国・北京、アメリカ・ロサンゼルスやオーストラリア・シドニーでの交流華展の出品、モナコ公国でのブライダル・サミットのブーケ担当、松坂屋豊田店での婦人服スプリングファッションショーステージ花担当、いけばなインターナショナルの北米(シカゴ)、ヨーロッパ(パリ)、アジア(マニラ)各地区大会での外交、中国・南京での峯月流日中友好華道交流会やベルギー・ルイーズと名古屋・栄町アベニュー姉妹提携記念のディスプレイ花参加など、海外の活動にも力を入れております。
 流内では、早くからいけばなデモンストレーションやパフォーマンスを取り入れいけばなの魅力を自ら発信する手段としています。現代様式に合わせた独自の創作花である「峯月創華」を副家元時代に考案、創流50周年記念花展で公式に発表。更にフラワーアレンジメントなども取り入れ、時代に合わせた花の楽しみ方を提案、花に関する集いの場として「峯月創華・花Salon-Purple Rose-」を主宰されています。
 毎年開催する流展をはじめ、グループ展・同人展・社中展・地域のイベント花・各連盟展・協会展での発表や教授会の研修等、研鑽の道は厳しく遠いものです。
 初代家元が、桂離宮の襖にはめこまれた月形の引き手にヒントを得て、中に「峯」の文字を入れ「峯月」を表現したという流紋のバッヂを胸に、より広く、より深くその心の追求に励み、また花の教授者、伝統文化教育者としての立場を認識しこれからも地域や社会に貢献できるようにと考えております。

HOME あゆみ いけばな スケジュール ギャラリー 茶道教室 花Salon 峯月創華